ABOUT “CATCH&FLOW”


これまでになかったけん玉の新しい世界を魅せてくれる『CATCH&FLOW』。

この大会では指定された技を競い合う従来のけん玉大会とは異なり、『CATCH(技を決める)』&『FLOW(技を独自の流れで繋げる)』を選手それぞれが創造し、ステージ上で時間内に表現。1対1の勝負で勝ち抜いていくトーナメント式けん玉世界選手権となります。観客の想像を遥かに超える新しいトリックが次々と生み出され、ラスト10秒で大逆転するような白熱のバトルに、会場は興奮に包まれることでしょう。

2014年、東京・新宿にて初めて開催された「CATCH&FLOW」。初代チャンピオンには、デンマークのトーキル・メイが輝き、それまでのけん玉大会にはなかった新しい形のイベントとして世界から注目されることになりました。

2015年第2回大会は更に規模を拡大し、音楽の聖地「TSUTAYA O-EAST SHIBUYA」にてナイトイベントとして開催。世界屈指の強豪7名をゲストプレイヤーとして迎え、予選から勝ち上がった選手を加えた計16名による世界最高峰の1on1バトルが繰り広げられました。第1回大会からさらに大きく進化し、けん玉における従来のイメージを覆した大会として、日本国内のみならず、世界中で大きな話題となり、大成功を収めました。
また、第2回チャンピオンとなったアメリカのボンズ・アトロンは、スポーツニュースにも取り上げられ、けん玉が「遊びからスポーツへ」変化したことを実感する大会となりました。

『CATCH&FLOW』は、けん玉を持って世界から仲間が集い、自由に楽しく競い合う空間でありたいと願っております。また、この大会を通じてけん玉カルチャーがもっと世界中に広まるように、けん玉発祥の地日本から、更なる魅力を発信していきたいと思っています。

『CATCH&FLOW』プロデューサー 河本 伸明 (NOB)